VOICE vol.93

有吉 絵里

Eri Ariyoshi

まずは撮影場所について詳しく教えてもらえますか?

青森、津軽海峡に面しているところです。特に最初から目指していた訳じゃないんですけど、自然と。


遠くまで行きましたね〜。
 

被写体を求めて色々な所へ行ってみたんです。だけど、結局撮るものが建物とか町並みとかそういうものばっかりになってしまって。煮詰まってきたというか。そんなとき友達に「無理してそんな探さなくても、好きなもの撮ってるうちにしずくみたいに垂れてくるんじゃない?」って言われて。

それで青森まで。

もとは舟屋に興味があったんです。船がそのまま家に入る、って何それ?みたいな。京都とかでは観光地としてあるんですけどね。青森はほんとにさびれたところがあるらしい、ということで最初はただ舟屋を見に行ったんです。でも実際に下北半島をまわったら、すごく心惹かれてしまって。

へー、どんなところが?

何度か通ったのは下北半島の佐井村っていう、ほとんど老人しかいないような僻地なんですけど、だからこそというか地に足がついている感じがして、とにかく出会う人がすごく魅力的なんです。「なんもないよー」って言いながら「何もないですけど、何か?」って。

 

満足っていうか、それが生活っていうか、なんていうのかな。。。そこで取った魚を食べて、誰もスマホとか見ていなくて、人が繋がってるんですよ。おじいちゃんやおばあちゃんと当たり前に暮らしていて、たぶん核家族ではないと思うんですよね。みんなに聞いた訳じゃないですけど。バスの中でも普通に「あー、〇〇さん、久しぶり!」とか、電車の中でおじいちゃんと孫が将棋さしてたりとか、東京に住んでいる私からするとすごく魅力的に見えるんです。

なるほど。

私が写真撮らせてくださいって言うと、同じ漁師町でも土地によっては逃げられちゃうんだけど、佐井村はみんな仕事の手を休めて付き合ってくれるんですよ。「どっからきたの?」とかお話が始まって。そういうことに魅せられて、何度も通うようになりました。

のんびりしてそうで良いですね。

佐井村へは車で回るかしかないそうです。あるいは船で渡るか。​

 

では、写真を始めた、あるいは教室に通い始めたきっかけって何ですか?

たぶん聞かれるだろうなと考えていたんですが、うまく思い出せないんですよね。ただまあ、昔お付き合いをしていた人が写真をやっていたので、そういう影響は少しあるのかなとか。。

なるほど。わかります。じゃその方と一緒に撮りたくて勉強を始めたとか?

いや、実は別れてから通い始めてるんです。ホントに何でだっけなあ?(笑)まあとにかく何かに繋がったら良いな、くらいのノリで始めてると思うんですよね。ただ昔から絵は好きで小学生くらいから描いていてましたし、親の影響もあって芸術っぽいことは好きでした。何となくイメージ的に写真って簡単そうじゃないですか?

 

そうですね。シャッター切るだけでとりあえずは撮れちゃいますし。

それで実際に始めてみてどうでした?

 

面白いです。芸術とか表現ってなんかほとんど閃きとか感覚で全て決まるって感じがしてたんですけど、ちゃんと技術だったり訓練しながら裏付けをしていく部分があって。曖昧さ、ってあまり好きじゃないんですよ。教室ではそこをきちんと明確にしてくれるのが良かったです。

 

それは何よりでした。ちなみに山中さんはフィルムから始めてデジタルに移行してますが、その辺はどうでしたか?

 

デジタルの方がしっくりきますね。デジタルって何回シャッター切っても良いじゃないですか。フィルムだと大事にしすぎてしまうというか。。フィルムのざらっとした粒子は好きなんですけど、手間がかかるのはあまり好きじゃないです。ただ暗室の雰囲気とかが好きな人がいるのはわかる気がしますね。

 

ふむふむ。では最後に。今後について。

写真展などに興味はありますか?

いずれ写真展はやってみたいと思います。でもやるなら恥ずかしくないレベルで発表したいので、もう少し撮り込まないとですね。二人目の子供も生まれましたので、まだまだ撮り続けます!

山中さんの愛機GR。家族​が増えたこれからも楽しく撮り続けてください!

聞き手:小宮山

|お問い合わせ 

 

写真表現中村教室

〒113-0034

東京都文京区湯島 1-12-5  2F

info@anthony.jp

Tel  03-5812-7645 

13:00 ~ 19:00(月・火・祝 休み)

  • Facebookリンク
  • Twitterリンク
  • Instagramリンク

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY